「1年目だから…」 SB工藤監督の“口癖”がもたらす意外な効果

公開日:  更新日:

「オレ、1年目だからわかんねーや」

 これ、ソフトバンクの工藤監督(52)のベンチ裏での口癖だ。監督はおろかコーチ経験もない新米指導者であることは紛れもない事実とはいえ、いくら何でも無責任極まりない……と、普通は思うだろう。

 ある球団関係者は「だからいい」と言う。

「工藤監督の信条は『見たものしか信じない』。周囲からバントが下手と言われる選手がいても、『そうなの? じゃあ本当かどうか、やらせてみよう』となる。下手に選手の知識や先入観がないだけに何でも試す。4月には開幕から調子の上がらなかった本多(30)をスタメンから外し、代わりに明石(29)と川島(31)、3年目の高田(25)を競争させた。焦った本多が無理してケガで二軍落ちというアクシデントはあったが、おかげでチーム内での競争意識が高まっている」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  5. 5

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る