• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「1年目だから…」 SB工藤監督の“口癖”がもたらす意外な効果

「オレ、1年目だからわかんねーや」

 これ、ソフトバンクの工藤監督(52)のベンチ裏での口癖だ。監督はおろかコーチ経験もない新米指導者であることは紛れもない事実とはいえ、いくら何でも無責任極まりない……と、普通は思うだろう。

 ある球団関係者は「だからいい」と言う。

「工藤監督の信条は『見たものしか信じない』。周囲からバントが下手と言われる選手がいても、『そうなの? じゃあ本当かどうか、やらせてみよう』となる。下手に選手の知識や先入観がないだけに何でも試す。4月には開幕から調子の上がらなかった本多(30)をスタメンから外し、代わりに明石(29)と川島(31)、3年目の高田(25)を競争させた。焦った本多が無理してケガで二軍落ちというアクシデントはあったが、おかげでチーム内での競争意識が高まっている」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る