「1年目だから…」 SB工藤監督の“口癖”がもたらす意外な効果

公開日: 更新日:

「オレ、1年目だからわかんねーや」

 これ、ソフトバンクの工藤監督(52)のベンチ裏での口癖だ。監督はおろかコーチ経験もない新米指導者であることは紛れもない事実とはいえ、いくら何でも無責任極まりない……と、普通は思うだろう。

 ある球団関係者は「だからいい」と言う。

「工藤監督の信条は『見たものしか信じない』。周囲からバントが下手と言われる選手がいても、『そうなの? じゃあ本当かどうか、やらせてみよう』となる。下手に選手の知識や先入観がないだけに何でも試す。4月には開幕から調子の上がらなかった本多(30)をスタメンから外し、代わりに明石(29)と川島(31)、3年目の高田(25)を競争させた。焦った本多が無理してケガで二軍落ちというアクシデントはあったが、おかげでチーム内での競争意識が高まっている」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  2. 2

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  3. 3

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  4. 4

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  5. 5

    スキャンダルで目くらましする官邸の手法は見抜かれている

  6. 6

    長期の理由は国民洗脳 安倍政権の“桂太郎超え”2887日<上>

  7. 7

    「死ね」暴言の笠りつ子に厳重注意のみ…遅すぎた大甘処分

  8. 8

    自民改選議員を“常習”招待「桜を見る会」で48人違法当選か

  9. 9

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  10. 10

    鈴木愛は3週連続Vでも 残り2戦は賞金女王へ“高いハードル”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る