「1年目だから…」 SB工藤監督の“口癖”がもたらす意外な効果

公開日: 更新日:

「オレ、1年目だからわかんねーや」

 これ、ソフトバンクの工藤監督(52)のベンチ裏での口癖だ。監督はおろかコーチ経験もない新米指導者であることは紛れもない事実とはいえ、いくら何でも無責任極まりない……と、普通は思うだろう。

 ある球団関係者は「だからいい」と言う。

「工藤監督の信条は『見たものしか信じない』。周囲からバントが下手と言われる選手がいても、『そうなの? じゃあ本当かどうか、やらせてみよう』となる。下手に選手の知識や先入観がないだけに何でも試す。4月には開幕から調子の上がらなかった本多(30)をスタメンから外し、代わりに明石(29)と川島(31)、3年目の高田(25)を競争させた。焦った本多が無理してケガで二軍落ちというアクシデントはあったが、おかげでチーム内での競争意識が高まっている」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  4. 4

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  5. 5

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  6. 6

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  7. 7

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  8. 8

    傲慢マッチ処分の裏側…“育ての親”メリー氏が苦渋の選択

  9. 9

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  10. 10

    タッキー副社長の評価急上昇 リストラに新事業に獅子奮迅

もっと見る