桃田賢斗シリーズ2勝目 バド最高ランク大会の優勝賞金は?

公開日: 更新日:

「我慢、我慢の連続で最後に優勝できたのですごくうれしかった」

 バドミントンのスーパーシリーズプレミア、インドネシア・オープンの男子シングルスを日本人選手として初めて制した桃田賢斗(20)が堂々の凱旋帰国である。

 今大会はスーパーシリーズの中でも最も格上の「プレミア」で賞金は6万ドル(約750万円)。4月に桃田が優勝した同シリーズのシンガポール・オープンの2万2500ドル(約281万円)と比べても大会の位置付けの高さがわかる。

 もっとも、バドミントン界では破格の賞金とはいえ、他の競技とは雲泥の差である。

 例えば先に閉幕したテニスの全仏オープンを制したスタン・バブリンカ(スイス)は180万ユーロ(約2億5000万円)を手にした。4大大会の優勝賞金はいずれも高額で、全豪(310万豪ドル=約2億9000万円)、ウィンブルドン(188万ポンド=約3億5000万円)、全米(300万ドル=約3億7500万円)。

 ちなみに同じラケットを使用する競技では卓球のグランドファイナルの優勝賞金は6万ドル。スーパーシリーズ(ワールドツアー)はクウェート・オープンの3万6000ドル(約450万円)が最高だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  2. 2

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  3. 3

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  4. 4

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  5. 5

    公明党の「小池離れ」と「自民優先」で都政は立ち往生必至

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    東京女子医大看護師 感染リスク覚悟で対応もボーナスゼロ

  8. 7

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  9. 8

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  10. 9

    <1>戦略家の大統領補佐官が「暴露本」を書いた重大な意味

  11. 10

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

もっと見る