桃田賢斗シリーズ2勝目 バド最高ランク大会の優勝賞金は?

公開日:  更新日:

「我慢、我慢の連続で最後に優勝できたのですごくうれしかった」

 バドミントンのスーパーシリーズプレミア、インドネシア・オープンの男子シングルスを日本人選手として初めて制した桃田賢斗(20)が堂々の凱旋帰国である。

 今大会はスーパーシリーズの中でも最も格上の「プレミア」で賞金は6万ドル(約750万円)。4月に桃田が優勝した同シリーズのシンガポール・オープンの2万2500ドル(約281万円)と比べても大会の位置付けの高さがわかる。

 もっとも、バドミントン界では破格の賞金とはいえ、他の競技とは雲泥の差である。

 例えば先に閉幕したテニスの全仏オープンを制したスタン・バブリンカ(スイス)は180万ユーロ(約2億5000万円)を手にした。4大大会の優勝賞金はいずれも高額で、全豪(310万豪ドル=約2億9000万円)、ウィンブルドン(188万ポンド=約3億5000万円)、全米(300万ドル=約3億7500万円)。

 ちなみに同じラケットを使用する競技では卓球のグランドファイナルの優勝賞金は6万ドル。スーパーシリーズ(ワールドツアー)はクウェート・オープンの3万6000ドル(約450万円)が最高だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

もっと見る