全日本最年少勝利 バドミントン界新星・奈良岡功大の将来性

公開日: 更新日:

 男子バドミントン界に新鋭が現れた。2日、開幕した全日本総合選手権で史上最年少で勝利した奈良岡功大(13=青森・浪岡中1年)のことだ。

 予選1回戦で昨年の高校総体シングルス準優勝の保木卓朗(19)に2-1で逆転勝ち。2回戦では実業団選手に敗れて史上最年少での本戦出場は逃したものの、潜在能力の高さをアピールした。

 青森の弘前工業高校時代に国体出場経験のある父・浩さん(44)がコーチを務めるバドミントンクラブで5歳から競技をスタート。

 小学校に進んでからは1日3000スイングの素振りをこなし、自宅では浩さんのマンツーマン指導で壁打ちを繰り返した。小6だった昨年、JOCジュニアオリンピックカップ(中学2年生以下の部)で、史上初めて小学生王者になるなど頭角を現した。

 今年8月の全国中学校大会に1年生ながら優勝。9月の全日本ジュニア選手権大会(高校生以下が対象)で3位に入り、今大会の出場権を得た。将来の夢は「20年東京五輪での金メダル」という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  3. 3

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  4. 4

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  5. 5

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  6. 6

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  9. 9

    五輪マラ史上最悪 元陸連幹部が憤怒の北大構内“21”の危険

  10. 10

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

もっと見る