全日本最年少勝利 バドミントン界新星・奈良岡功大の将来性

公開日: 更新日:

 男子バドミントン界に新鋭が現れた。2日、開幕した全日本総合選手権で史上最年少で勝利した奈良岡功大(13=青森・浪岡中1年)のことだ。

 予選1回戦で昨年の高校総体シングルス準優勝の保木卓朗(19)に2-1で逆転勝ち。2回戦では実業団選手に敗れて史上最年少での本戦出場は逃したものの、潜在能力の高さをアピールした。

 青森の弘前工業高校時代に国体出場経験のある父・浩さん(44)がコーチを務めるバドミントンクラブで5歳から競技をスタート。

 小学校に進んでからは1日3000スイングの素振りをこなし、自宅では浩さんのマンツーマン指導で壁打ちを繰り返した。小6だった昨年、JOCジュニアオリンピックカップ(中学2年生以下の部)で、史上初めて小学生王者になるなど頭角を現した。

 今年8月の全国中学校大会に1年生ながら優勝。9月の全日本ジュニア選手権大会(高校生以下が対象)で3位に入り、今大会の出場権を得た。将来の夢は「20年東京五輪での金メダル」という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  4. 4

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  5. 5

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  6. 6

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  7. 7

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  8. 8

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  9. 9

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  10. 10

    木村花さんの死を招きついに打ち切り…「テラハ」の罪と罰

もっと見る