全日本最年少勝利 バドミントン界新星・奈良岡功大の将来性

公開日:  更新日:

 男子バドミントン界に新鋭が現れた。2日、開幕した全日本総合選手権で史上最年少で勝利した奈良岡功大(13=青森・浪岡中1年)のことだ。

 予選1回戦で昨年の高校総体シングルス準優勝の保木卓朗(19)に2-1で逆転勝ち。2回戦では実業団選手に敗れて史上最年少での本戦出場は逃したものの、潜在能力の高さをアピールした。

 青森の弘前工業高校時代に国体出場経験のある父・浩さん(44)がコーチを務めるバドミントンクラブで5歳から競技をスタート。

 小学校に進んでからは1日3000スイングの素振りをこなし、自宅では浩さんのマンツーマン指導で壁打ちを繰り返した。小6だった昨年、JOCジュニアオリンピックカップ(中学2年生以下の部)で、史上初めて小学生王者になるなど頭角を現した。

 今年8月の全国中学校大会に1年生ながら優勝。9月の全日本ジュニア選手権大会(高校生以下が対象)で3位に入り、今大会の出場権を得た。将来の夢は「20年東京五輪での金メダル」という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る