全日本最年少勝利 バドミントン界新星・奈良岡功大の将来性

公開日:  更新日:

 男子バドミントン界に新鋭が現れた。2日、開幕した全日本総合選手権で史上最年少で勝利した奈良岡功大(13=青森・浪岡中1年)のことだ。

 予選1回戦で昨年の高校総体シングルス準優勝の保木卓朗(19)に2-1で逆転勝ち。2回戦では実業団選手に敗れて史上最年少での本戦出場は逃したものの、潜在能力の高さをアピールした。

 青森の弘前工業高校時代に国体出場経験のある父・浩さん(44)がコーチを務めるバドミントンクラブで5歳から競技をスタート。

 小学校に進んでからは1日3000スイングの素振りをこなし、自宅では浩さんのマンツーマン指導で壁打ちを繰り返した。小6だった昨年、JOCジュニアオリンピックカップ(中学2年生以下の部)で、史上初めて小学生王者になるなど頭角を現した。

 今年8月の全国中学校大会に1年生ながら優勝。9月の全日本ジュニア選手権大会(高校生以下が対象)で3位に入り、今大会の出場権を得た。将来の夢は「20年東京五輪での金メダル」という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

もっと見る