日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
元木大介
著者のコラム一覧
元木大介タレント・野球解説者

1971年12月30日、大阪府豊中市生まれ。上宮高時代に甲子園に3度出場し、歴代2位タイの通算6本塁打を放つ。89年のドラフト1位でダイエーに指名されるも、入団を拒否してハワイに野球留学。翌90年ドラフトで巨人から1位指名を受けて入団。長嶋監督が「クセ者」と呼んだ野球センスを武器に一時代を築いた。05年オフに引退。通算成績は1205試合に出場して打率・262、66本塁打、378打点。

親父の言葉で引退する腹が決まりました

 05年の9月の終わりに巨人の球団代表から戦力外通告を受けた僕は、引退するか、他球団で野球を続けるか、二者択一の決断を迫られました。

 球団から与えられた猶予は3日間。しかし、いくら考えても結論が出ません。事情を知った野球界の仲間や先輩方は一様に「ジャイアンツの元木で終わった方がいい。一筋で頑張ってきたんだから」とアドバイスをくれる一方、若い頃からかわいがっていただいた志村けんさん、中山秀征さんら球界以外の先輩や友人は「ユニホームが変わっても応援する。まだまだできるよ」と励ましてくれる。どっちのアドバイスも胸に響くものだけに、いよいよ悩みが深くなりました。ちょうど、妻のおなかに初めての子供が宿り、翌年の1月が予定日だったということも苦悩の種になりました。野球をやっている姿を見せたい。そんな思いも広がるのです。

「結論は出ましたか? 返事を聞かせて下さい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事