• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
元木大介
著者のコラム一覧
元木大介タレント・野球解説者

1971年12月30日、大阪府豊中市生まれ。上宮高時代に甲子園に3度出場し、歴代2位タイの通算6本塁打を放つ。89年のドラフト1位でダイエーに指名されるも、入団を拒否してハワイに野球留学。翌90年ドラフトで巨人から1位指名を受けて入団。長嶋監督が「クセ者」と呼んだ野球センスを武器に一時代を築いた。05年オフに引退。通算成績は1205試合に出場して打率・262、66本塁打、378打点。

夜中のバルコニーから松井秀喜の荒い息が聞こえてきた

 本当に!?

 そう言って松井秀喜と顔を見合わせたのは、巨人が5年ぶりの日本一になった、94年の豪州V旅行でした。4年目22歳になった僕はこの年、90試合に出場。打率.280、4本塁打、25打点。脇役ながら優勝に貢献できた自負もあり、初めての優勝旅行を小躍りしながら待っていました。

 しかし、直前に発表された現地での部屋割りを知って愕然。チームで僕と松井の2人だけ、相部屋だというのです。

「独身のおまえらが遊ばないように」

 と球団関係者。いや、遊びに行くんでしょ!? と思いましたが、変更してくれるような雰囲気じゃありません。

 松井と苦笑いしながら到着したゴールドコースト。ホテルの部屋に入ってビックリしたのは松井が荷ほどきのために開けたスーツケースでした。斜めにバットが1本、入っていたのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  7. 7

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  9. 9

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  10. 10

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

もっと見る