• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

交流戦も苦戦必至の阪神 “無能コーチ”二軍落ちが秒読み段階

 阪神は24日のDeNA戦で期待を裏切った岩貞、桑原、榎田の3投手を二軍に落とした。その前日、正捕手として育てるはずの梅野にも二軍行きを命じた。

 もっか阪神は、防御率(3.87)、失点(196)、チーム打率(.226)、本塁打(20)、得点(137)、盗塁(18)のすべてがリーグワーストか最少。最下位広島と1.5差の5位にいるのが不思議なぐらいだ。こんなチームでは、昨年9勝15敗(11位)で勝ち越しが一度もなかった交流戦でも苦戦必至だ。

 今の阪神は首脳陣が機能しているのか、甚だ疑問だ。中西投手コーチや関川打撃コーチは数字が悪いのだから何か手を打つべきなのに、その引き出しがないのだろう。

 あるOBが言う。

「選手を生徒に例えれば、コーチは先生。やる気がある生徒がダメなら、それは先生の教え方が悪い。また、経験不足の選手なら使い方の問題もある。結果が悪い時、生徒にだけ責任を押し付ける先生は、自ら指導力がないと言っているようなもの。二軍には、近鉄時代に岩隈(現マリナーズ)を育てた久保(投手チーフコーチ)がいる。八木(打撃チーフコーチ)も二軍指導が6年目に入ったはず。交流戦でさらにチーム状態が悪ければ、コーチの入れ替えにも着手せざるを得ないだろう。和田監督にその気がなくても、南さん(球団社長)が黙ってはいないと思う」

 交流戦最初のカードは、本拠地での楽天戦だ。こちらも、打率(.245)、本塁打(22)、得点(150)がリーグワースト)。パの5位に低迷しているチームにいきなり負け越すようなら、コーチの入れ替えぐらいではすまないかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

  10. 10

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

もっと見る