交流戦も苦戦必至の阪神 “無能コーチ”二軍落ちが秒読み段階

公開日:  更新日:

 阪神は24日のDeNA戦で期待を裏切った岩貞、桑原、榎田の3投手を二軍に落とした。その前日、正捕手として育てるはずの梅野にも二軍行きを命じた。

 もっか阪神は、防御率(3.87)、失点(196)、チーム打率(.226)、本塁打(20)、得点(137)、盗塁(18)のすべてがリーグワーストか最少。最下位広島と1.5差の5位にいるのが不思議なぐらいだ。こんなチームでは、昨年9勝15敗(11位)で勝ち越しが一度もなかった交流戦でも苦戦必至だ。

 今の阪神は首脳陣が機能しているのか、甚だ疑問だ。中西投手コーチや関川打撃コーチは数字が悪いのだから何か手を打つべきなのに、その引き出しがないのだろう。

 あるOBが言う。

「選手を生徒に例えれば、コーチは先生。やる気がある生徒がダメなら、それは先生の教え方が悪い。また、経験不足の選手なら使い方の問題もある。結果が悪い時、生徒にだけ責任を押し付ける先生は、自ら指導力がないと言っているようなもの。二軍には、近鉄時代に岩隈(現マリナーズ)を育てた久保(投手チーフコーチ)がいる。八木(打撃チーフコーチ)も二軍指導が6年目に入ったはず。交流戦でさらにチーム状態が悪ければ、コーチの入れ替えにも着手せざるを得ないだろう。和田監督にその気がなくても、南さん(球団社長)が黙ってはいないと思う」

 交流戦最初のカードは、本拠地での楽天戦だ。こちらも、打率(.245)、本塁打(22)、得点(150)がリーグワースト)。パの5位に低迷しているチームにいきなり負け越すようなら、コーチの入れ替えぐらいではすまないかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る