交流戦も苦戦必至の阪神 “無能コーチ”二軍落ちが秒読み段階

公開日: 更新日:

 阪神は24日のDeNA戦で期待を裏切った岩貞、桑原、榎田の3投手を二軍に落とした。その前日、正捕手として育てるはずの梅野にも二軍行きを命じた。

 もっか阪神は、防御率(3.87)、失点(196)、チーム打率(.226)、本塁打(20)、得点(137)、盗塁(18)のすべてがリーグワーストか最少。最下位広島と1.5差の5位にいるのが不思議なぐらいだ。こんなチームでは、昨年9勝15敗(11位)で勝ち越しが一度もなかった交流戦でも苦戦必至だ。

 今の阪神は首脳陣が機能しているのか、甚だ疑問だ。中西投手コーチや関川打撃コーチは数字が悪いのだから何か手を打つべきなのに、その引き出しがないのだろう。

 あるOBが言う。

「選手を生徒に例えれば、コーチは先生。やる気がある生徒がダメなら、それは先生の教え方が悪い。また、経験不足の選手なら使い方の問題もある。結果が悪い時、生徒にだけ責任を押し付ける先生は、自ら指導力がないと言っているようなもの。二軍には、近鉄時代に岩隈(現マリナーズ)を育てた久保(投手チーフコーチ)がいる。八木(打撃チーフコーチ)も二軍指導が6年目に入ったはず。交流戦でさらにチーム状態が悪ければ、コーチの入れ替えにも着手せざるを得ないだろう。和田監督にその気がなくても、南さん(球団社長)が黙ってはいないと思う」

 交流戦最初のカードは、本拠地での楽天戦だ。こちらも、打率(.245)、本塁打(22)、得点(150)がリーグワースト)。パの5位に低迷しているチームにいきなり負け越すようなら、コーチの入れ替えぐらいではすまないかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  5. 5

    香取慎吾オワコン化「アノニマス」打ち切り危機で酷評の声

  6. 6

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  7. 7

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  8. 8

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

  9. 9

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  10. 10

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

もっと見る