“不惑”で3000塁打達成の高橋由 「2000安打」は何年かかる?

公開日: 更新日:

 中日・和田が42歳11カ月の史上最年長での偉業を達成した昨11日、札幌ドームでは巨人の高橋由伸(40)が日本ハム戦の四回に二塁打。プロ18年目で通算3000塁打を達成した。

「長くやっているから。これからも積み重ねてチームに貢献できるといいね」とコメントした。

 和田の最年長記録を塗り替えるのも高橋由かもしれない。この日2安打で通算1737安打。2000安打まであと263本である。レギュラーとしてフルに1年間出場すれば2年で到達可能な数字だが、問題は40歳という年齢だ。チーム関係者がこう言う。

「昨年は32安打、13年は50安打。仮に今季の安打数を50本で計算すると、今年を含めてあと6年かかる。一見、絶望的に思えるが、この日2安打放ったように、しぶとく現役を続けていれば45歳前後で達成できる計算になる。春季キャンプを訪問した松井秀喜には『現役にこだわれ』とアドバイスされ、本人もその気になっているようです。今季はここまで故障をしていないし、体調面である程度の手応えもあるみたい。そもそも、高橋由ほどの選手は引退を自分で決められる。現役に固執しようとすればできるんです。本人の気持ち次第で、和田を抜いて最年長2000安打だって夢ではない。ただ、高橋由は将来の監督候補でもある。2000安打をとるか、監督をとるか――。究極の選択を迫られる日がいつかくるかもしれない」

 巨人はこの日、一軍に昇格した堂上が4安打4打点の活躍で日本ハムを下し、連敗を5で止めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  4. 4

    前夫の浮気に子育ての苦労…菊池桃子「再婚」までの凸凹道

  5. 5

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<1>流されて会社員に

  6. 6

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  7. 7

    石川秀美が地元誌に語った薬丸との最先端“ハワイ別居”生活

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  10. 10

    原監督が大城ベタ褒めで G小林に課せられる“世界一の捕手”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る