日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は札幌第一や北大津など全国の各校で臨時コーチを務める。

好調日ハムで活躍 “2人の教え子”近藤と浅間に言いたい

 横浜高校から日本ハム入りした若い2人のOBの活躍が今の楽しみになっている。4年目の近藤健介捕手(21)と新人の浅間大基外野手(18)だ。

 近藤は10日の巨人戦で菅野智之から決勝2ランを放つなど、12日現在、リーグ7位の打率.322と好調だ。

 東京・修徳学園中出身。勧誘したわけではなく、「横浜高校に入りたい」「小倉部長に教わりたい」と売り込んできた珍しいケースだ。私は近藤を知らなかったが、全国大会に出場するなど中学の軟式野球界で名の知れた選手だった。バットコントロールが抜群。1年春から遊撃のレギュラーを任せた。

 2学年上で当時主将だった筒香嘉智(DeNA)を慕っていて、大きな影響を受けたと思う。プロを目指す先輩の方も、人懐っこい1年生レギュラーを可愛がった。筒香にくっついてグラウンドや寮でよく一緒に素振りをしていたのを思い出す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事