小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

相棒が渡辺でなかったら私の指導者人生は終わっていた

公開日: 更新日:

 漠然と「来夏までかな」と思っていた。横浜高校の渡辺元智監督(70)が今夏限りで退任することになった。後任は平田徹部長(32)が務める。

 もともと、「一緒に辞めよう」と話していた。横浜高野球部同期の渡辺との指導者コンビは通算20年以上。二人三脚で歩んできた私が昨夏にチームを去ったことで、さまざまな負担が増えたことも要因だろう。

 現在は体調を崩して入院しているため、14日に病院へ見舞いに行ってきた。本人は「ここで放り投げることはできない。体調が回復したらグラウンドに出る」と気丈だった。今の1年生の中には渡辺を頼りに入学した生徒がいる。今後は終身名誉監督の立場で指導に携わるという。

 長い付き合いになる。渡辺が監督で私は部長兼コーチ。常に彼が2、3歳上だと思って接してきた。私は野球の技術、戦術面を徹底的に選手たちに叩き込む。人間教育に定評がある渡辺は、部員の精神面を指導、野球を通じて「生き方」を説く。挨拶の仕方から茶碗の持ち方まで、私生活のありとあらゆるところにまで教育は及ぶ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  7. 7

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  8. 8

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  9. 9

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

  10. 10

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

もっと見る