釜本氏が見たイラク戦 「攻め急ぎ感とイケイケ感強すぎる」

公開日:  更新日:

 11日のイラク戦の日本代表は、3トップの中央にFW岡崎が、右にFW本田が入り、トップ下はMF香川だった。この3人は、これまで一緒にプレーした時間も長く、好連係が取れるのは当たり前だが、代表初スタメンのFW宇佐美が3トップの左に入っても、攻撃系選手4人のコンビネーションは素晴らしかった。

 前半32分、宇佐美が中央から持ち込み、左の岡崎がラストパスを受けてきっちり決めた。宇佐美の“若さ”というエッセンスが注入され、日本の攻撃が活性化された。素直に「良かった」と言わせていただこう。

 ただし、攻撃そのもののやり方については、いささか不満が残った。

 ハリルホジッチ監督体制になってから「縦への意識」が徹底されるようになった。ボランチやDF陣が前線にピシッと縦パスを送り、そこから手数を掛けないでフィニッシュに持ち込む──。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る