日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

3連勝で見えてきた ハリル監督“構想外”候補はこの2選手

「イラクに見るべき選手は見当たらず、チームとしての体をなしていませんでした。ハリルホジッチ監督初采配の相手チュニジア(2-0)、2試合目の相手ウズベキスタン(5-1)の方が“歯ごたえ”がありました。イラクのデキの悪さを考慮すると、ハリルホジッチ体制になって3試合を消化した時点で日本は順調に仕上がっているのか、判断しようにも難しいと言わざるを得ません」

 こう話すのは、昨11日に横浜で行われたキリンチャレンジカップ・日本-イラク戦を現地取材したサッカージャーナリストの六川享氏である。

 確かにイラクのデキは最悪だった。米国MLS所属のFWメラム、元イラクリーグ得点王で現在サウジアラビアでプレーしているFWラディは、日本DFのマークに不発。イングランド3部所属で技巧派司令塔の触れ込みだったMFカシムは、後半10分から出てきたものの、一度も気の利いたプレーを見せられなかった。終わってみれば日本がシュート20本(イラクは3本)で圧倒した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事