ずぶ濡れで五回コールド 雨天強行のDeNAに「カネ返せ!」の声

公開日:  更新日:

 5日の横浜地方の降水確率は80%。強い雨風が予想されていたにもかかわらず、西武との試合を強行開催したのがDeNAだ。

 案の定、プレーボールからわずか17分後、土砂降りの雨で最初の中断。四回終了後にも25分の中断を挟み、五回終了時に降雨コールドゲームとなった。試合はDeNAが初回の3失点を追いつき引き分けに持ち込んだとはいえ、哀れなのが球場に集まった1万9387人のファンだろう。

 試合は8時半に終了するも、グラウンドで野球が行われていたのは、たったの1時間31分。1時間も中断されたのでは、ファンも野球を見に行ったのか雨を眺めに行ったのかわからない。その上、ゲームは決着つかずで終了。それもムリヤリ試合を成立させたような感じである。

「週末の試合でキップは売れていただけに、DeNA側が何とか試合をやりたかったのは分かる。中止にして観客にチケット代を払い戻しにしたところで、予備日の試合では、間違いなく客入りはこの日より落ちますしね。もちろん、だからといってファンをズブ濡れにさせていいわけじゃありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る