渡辺勘郎
著者のコラム一覧
渡辺勘郎ノンフィクションライター

59年8月、東京都墨田区生まれ。中大法学部卒業後、週刊文春編集部を経て独立。フリージャーナリストとして、野球を中心に著書多数。

もう1場所待って欲しかった新大関誕生

公開日: 更新日:

「周りの人たちが上げ過ぎだよ。マスコミも騒ぎ過ぎ。本当に強ければいつかは昇進するんだから、そういうのはひとつも本人のためにならない。昇進して、大関、横綱になってから勝てないのは格好つかないよ。白鵬以外の今の横綱、もう1年以上優勝してない。大関もそう。何やってんだ? と、俺は聞きたい。特に大関。8番勝てば満足? ってね。それじゃ平幕と一緒だよ。大関と平幕は違う。もうちょっとハードルを高くした方がいい」

 だから、もう1場所見てからでもよかったのでは? と武蔵川は言うのだ。そして、大相撲を憂う言葉は止まらない。

「俺は、勝ち負けではなく、相撲内容を見てる。自分の相撲になっているか、いないか? そればかり見てる。

 照ノ富士は“攻め”があまりないんだよ。“受け”が多過ぎる。若いんだし、あれだけの体があるんだから、まずあの体を相手にぶつけた方がいい。張り差しじゃなく、思い切り当たってね。あの体があるんだから細かいことやらなくても勝てるよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  2. 2

    桜招待のジャパンライフ“残党” 別の悪徳商法で名簿流用か

  3. 3

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  4. 4

    ザギトワ最下位で証明されたロシア女子の恐るべき“早熟”

  5. 5

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  6. 6

    元SMAPの3人に吉報 年末年始特番で地上波完全復帰か

  7. 7

    みずほFG元会長がNHK次期会長に “リベンジ選任”の仰天理由

  8. 8

    織田信成がモラハラで提訴 “関大の女帝”のもうひとつの顔

  9. 9

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  10. 10

    ジャパンライフと政界、マスコミ、警察の結託…腐った構造

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る