渡辺勘郎
著者のコラム一覧
渡辺勘郎ノンフィクションライター

59年8月、東京都墨田区生まれ。中大法学部卒業後、週刊文春編集部を経て独立。フリージャーナリストとして、野球を中心に著書多数。

もう1場所待って欲しかった新大関誕生

公開日: 更新日:

 いまや幕内に7カ国16人の外国人力士が名を連ね、角界の頂点に君臨する横綱は3人ともモンゴル出身、という大相撲。日本の国技ではあるが、もはや外国出身者なしでは成り立たなくなっているといえるだろう。そんな流れの先駆者の一人であり、横綱まで務め、今も日本相撲協会に残って元高見山以来2人目の外国出身の部屋持ち親方として弟子の指導に当たるのが元・武蔵丸の武蔵川親方(44)だ。そんな彼だからこそ話せる大相撲、特に外国人力士に対する率直な思いを聞いた。

「優勝した照ノ富士が大関になったわけだけど、私は、もう1場所、待ってからでもいいんじゃないかな、と思ってた。もう1場所、見てからでもいいんじゃない? とね。優勝したといっても、横綱を倒してない。たとえ3敗してたって、上の人を倒してたら納得するんだけど。そもそも最近は、その、上の人たちがピリッとしてないんだから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    巨人に4タテ完勝 ソフトBの執念を象徴する初戦9回裏の反省

  3. 3

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  4. 4

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  5. 5

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  6. 6

    大鹿理財局長の「何をもって虚偽とするか」発言に唖然呆然

  7. 7

    ソフトは本気 王会長「工藤→小久保→城島」で狙うV10構想

  8. 8

    安倍前首相「桜疑惑」補填費用900万円の謎 原資は機密費か

  9. 9

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

  10. 10

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

もっと見る