澤村も“逆球”でサヨナラ打浴び…制球自慢の投手なぜ減った

公開日:  更新日:

 その瞬間、神様の言葉を思い出した。

 巨人の交流戦はロッテに3連敗で終幕。最後は抑えの澤村がサヨナラ適時打を浴びた。打たれた球は外角に構えた捕手の要求に反し、シュート回転したボールが内角に入った、いわゆる逆球だった。

「神様、仏様」とあがめられた西鉄(現西武)の元エース稲尾(和久)さんに、逆球について話を聞いたのは05年の巨人キャンプだった。

「稲尾さん、最近の投手は逆球が多いですが、稲尾さんは(現役時代に)放ったことありますか?」
「そうだな……片手ぐらいはあるかな」

 プロ生活14年で3599イニングを投げた稲尾さんは、その間たった5球しか逆球を投げたことはないと言った。今の投手には信用できない話だろうが、稲尾さんはさらにこう続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    森友裁判で新展開 近畿財務局の前総務部長が法廷で証言へ

もっと見る