ハリル監督もお手上げ 誰も治せない日本代表の“致命的欠陥”

公開日: 更新日:

「格下相手に引き分けた直後、指揮官のお粗末な言い訳にはビックリ仰天しました。ホームゲームが無得点だったことをサポーターに謝罪し、スコアレスドローの原因を口にすべきところを『運が足りなかった』とコメントした。圧倒的に攻め込みながら、ゴールが奪えなかったことを『運』で片付けるとは……。非常に情けない気持ちにさせられてしまいました」

 のっけから、こう悲憤慷慨するのはスポーツライターの平野史氏だ。

 ロシアW杯アジア2次予選E組の日本代表は昨16日、初戦の相手シンガポールを埼玉スタジアムに迎え撃った。世界ランキング52位の日本に対してシンガポールは154位で、通算成績は日本の20勝1分け3敗。日本が「何点差で勝つか?」という試合だった。ところが、前半を0─0で折り返すと日本選手の表情から焦りの色がにじみ出てきた。指揮官も落ち着きをなくし、右手人さし指をしゃぶりながらフリーズしたり、ベンチ前をウロウロ動き回って大声を上げ、完全に我を忘れたような雰囲気だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  3. 3

    巨人に4タテ完勝 ソフトBの執念を象徴する初戦9回裏の反省

  4. 4

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  5. 5

    ソフトは本気 王会長「工藤→小久保→城島」で狙うV10構想

  6. 6

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  7. 7

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  8. 8

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

  9. 9

    コロナ禍の最中に…小池都知事は退職金3500万円を得ていた

  10. 10

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

もっと見る