ハリル監督もお手上げ 誰も治せない日本代表の“致命的欠陥”

公開日:  更新日:

「格下相手に引き分けた直後、指揮官のお粗末な言い訳にはビックリ仰天しました。ホームゲームが無得点だったことをサポーターに謝罪し、スコアレスドローの原因を口にすべきところを『運が足りなかった』とコメントした。圧倒的に攻め込みながら、ゴールが奪えなかったことを『運』で片付けるとは……。非常に情けない気持ちにさせられてしまいました」

 のっけから、こう悲憤慷慨するのはスポーツライターの平野史氏だ。

 ロシアW杯アジア2次予選E組の日本代表は昨16日、初戦の相手シンガポールを埼玉スタジアムに迎え撃った。世界ランキング52位の日本に対してシンガポールは154位で、通算成績は日本の20勝1分け3敗。日本が「何点差で勝つか?」という試合だった。ところが、前半を0─0で折り返すと日本選手の表情から焦りの色がにじみ出てきた。指揮官も落ち着きをなくし、右手人さし指をしゃぶりながらフリーズしたり、ベンチ前をウロウロ動き回って大声を上げ、完全に我を忘れたような雰囲気だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

もっと見る