宇佐美にポジション奪われ FW武藤は“代表控え”で独行き?

公開日: 更新日:

 ハリルホジッチ日本代表は16日、ロシアW杯アジア2次予選E組の初戦シンガポール戦を迎える(埼玉スタジアム・午後7時30分キックオフ)。

 15日午後7時からの公式練習では、ポールを立てて3選手が連動性を高めながらボール回しをやったり、ピッチ半面での11対11では、サイドからのクロスの精度を重視したり、これまで試合前日に行ってきたメニューをこの日も繰り返した。

「シンプルかつストレートに相手ゴール前に向かって行き、3人、4人と連係しながらフィニッシュにまで持ち込むというハリルホジッチ監督の選手に対するメッセージが感じ取れました」(サッカージャーナリスト・森雅史氏)

 格下が相手でも手抜きなしで攻撃的に試合を進め、大量点を狙っているハリルホジッチ日本代表だが、攻撃系選手でパッとしない選手がいる。来月、ドイツ1部マインツに移籍するFW武藤(FC東京)だ。3トップの左サイドをG大阪FW宇佐美に奪われ、ゴールも昨年9月のベネズエラ戦以来、見放されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「山健組」の弱体化を招いた元ナンバー3への“絶縁処分”

  2. 2

    「桜を見る会」悪徳マルチ跋扈を許した経産OBと官邸の黒幕

  3. 3

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  4. 4

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  5. 5

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  6. 6

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

  7. 7

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  8. 8

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  9. 9

    「馬毛島」を防衛省に売却 86歳老経営者の14年の“粘り腰”

  10. 10

    子供の「買って買って病」に抜群に効くシンプルな方法!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る