宇佐美にポジション奪われ FW武藤は“代表控え”で独行き?

公開日: 更新日:

 ハリルホジッチ日本代表は16日、ロシアW杯アジア2次予選E組の初戦シンガポール戦を迎える(埼玉スタジアム・午後7時30分キックオフ)。

 15日午後7時からの公式練習では、ポールを立てて3選手が連動性を高めながらボール回しをやったり、ピッチ半面での11対11では、サイドからのクロスの精度を重視したり、これまで試合前日に行ってきたメニューをこの日も繰り返した。

「シンプルかつストレートに相手ゴール前に向かって行き、3人、4人と連係しながらフィニッシュにまで持ち込むというハリルホジッチ監督の選手に対するメッセージが感じ取れました」(サッカージャーナリスト・森雅史氏)

 格下が相手でも手抜きなしで攻撃的に試合を進め、大量点を狙っているハリルホジッチ日本代表だが、攻撃系選手でパッとしない選手がいる。来月、ドイツ1部マインツに移籍するFW武藤(FC東京)だ。3トップの左サイドをG大阪FW宇佐美に奪われ、ゴールも昨年9月のベネズエラ戦以来、見放されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  5. 5

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  6. 6

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  7. 7

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る