宇佐美にポジション奪われ FW武藤は“代表控え”で独行き?

公開日:  更新日:

 ハリルホジッチ日本代表は16日、ロシアW杯アジア2次予選E組の初戦シンガポール戦を迎える(埼玉スタジアム・午後7時30分キックオフ)。

 15日午後7時からの公式練習では、ポールを立てて3選手が連動性を高めながらボール回しをやったり、ピッチ半面での11対11では、サイドからのクロスの精度を重視したり、これまで試合前日に行ってきたメニューをこの日も繰り返した。

「シンプルかつストレートに相手ゴール前に向かって行き、3人、4人と連係しながらフィニッシュにまで持ち込むというハリルホジッチ監督の選手に対するメッセージが感じ取れました」(サッカージャーナリスト・森雅史氏)

 格下が相手でも手抜きなしで攻撃的に試合を進め、大量点を狙っているハリルホジッチ日本代表だが、攻撃系選手でパッとしない選手がいる。来月、ドイツ1部マインツに移籍するFW武藤(FC東京)だ。3トップの左サイドをG大阪FW宇佐美に奪われ、ゴールも昨年9月のベネズエラ戦以来、見放されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る