• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ハンド代表選手が喫煙で処分 「ナショナルトレセン」の実態

 16日、日本ハンドボール協会は田中茂代表専任ディレクターに対し、厳重注意と3カ月間にわたり給与10%分を自主返納させるなど、強化委員と代表スタッフ8人の処分を発表した。

 4月の強化合宿中に、ナショナルトレーニングセンター(NTC)の禁煙エリアで男子日本代表8選手が喫煙していたことが問題になっていた。すでに日本オリンピック委員会(JOC)からNTCの無期限の利用停止処分を科されているその8選手にはこの日、改めて厳重注意が下った。

 トップアスリートの強化拠点であるNTCでは喫煙所以外での禁煙を徹底し、違反者には利用を制限するなどの罰則が定められている。今回、初めて適用されたが、問題視されているのはハンドボールだけではない。

「もっとひどいケースはある」とNTC関係者がこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  9. 9

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  10. 10

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

もっと見る