日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ハンド代表選手が喫煙で処分 「ナショナルトレセン」の実態

 16日、日本ハンドボール協会は田中茂代表専任ディレクターに対し、厳重注意と3カ月間にわたり給与10%分を自主返納させるなど、強化委員と代表スタッフ8人の処分を発表した。

 4月の強化合宿中に、ナショナルトレーニングセンター(NTC)の禁煙エリアで男子日本代表8選手が喫煙していたことが問題になっていた。すでに日本オリンピック委員会(JOC)からNTCの無期限の利用停止処分を科されているその8選手にはこの日、改めて厳重注意が下った。

 トップアスリートの強化拠点であるNTCでは喫煙所以外での禁煙を徹底し、違反者には利用を制限するなどの罰則が定められている。今回、初めて適用されたが、問題視されているのはハンドボールだけではない。

「もっとひどいケースはある」とNTC関係者がこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事