チェスやトランプも…東京五輪「追加種目」応募“本当の狙い”

公開日: 更新日:

 本当に採用を願っているのは一部だけだ。

 12日、都内で2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の理事会が行われ、IOC(国際オリンピック委員会)承認の国際競技連盟・連合33のうち、26もの連盟・連合が追加種目に応募したことを報告した。

 野球・ソフトボールを筆頭に過去にも追加種目の候補になったスカッシュ、ローラースポーツもあるが、中にはペタンク・ブールを筆頭に馴染みが薄いどころか、見たことも聞いたこともない競技まで名前を連ねている。

 例えばペタンクはフランス発祥の球技で、日本では主に老人ホームのレクリエーションや地域の老人会で大会が行われ、知る人の方が少ない。コーフボール、ネットボール、フロアボールは球技、水中スポーツは水の中で何かをやるくらいは名前を聞けば想像できる。オリエンテーリング、ブールスポーツ、エアスポーツときては、もはや何がなにやら、だ。チェスやブリッジ(トランプゲームの一種)に至っては、そもそもスポーツなのかすらも怪しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  2. 2

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  3. 3

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  4. 4

    辻元清美氏が菅政権をバッサリ「古い、出がらし政権だ」

  5. 5

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  6. 6

    橋本環奈の才は“奇跡の一枚”以前に是枝監督が見抜いていた

  7. 7

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  8. 8

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  9. 9

    コロナより多い自殺者数 弁護士も増加要因つくっている?

  10. 10

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

もっと見る