チェスやトランプも…東京五輪「追加種目」応募“本当の狙い”

公開日:  更新日:

 本当に採用を願っているのは一部だけだ。

 12日、都内で2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の理事会が行われ、IOC(国際オリンピック委員会)承認の国際競技連盟・連合33のうち、26もの連盟・連合が追加種目に応募したことを報告した。

 野球・ソフトボールを筆頭に過去にも追加種目の候補になったスカッシュ、ローラースポーツもあるが、中にはペタンク・ブールを筆頭に馴染みが薄いどころか、見たことも聞いたこともない競技まで名前を連ねている。

 例えばペタンクはフランス発祥の球技で、日本では主に老人ホームのレクリエーションや地域の老人会で大会が行われ、知る人の方が少ない。コーフボール、ネットボール、フロアボールは球技、水中スポーツは水の中で何かをやるくらいは名前を聞けば想像できる。オリエンテーリング、ブールスポーツ、エアスポーツときては、もはや何がなにやら、だ。チェスやブリッジ(トランプゲームの一種)に至っては、そもそもスポーツなのかすらも怪しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る