チェスやトランプも…東京五輪「追加種目」応募“本当の狙い”

公開日:  更新日:

 本当に採用を願っているのは一部だけだ。

 12日、都内で2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の理事会が行われ、IOC(国際オリンピック委員会)承認の国際競技連盟・連合33のうち、26もの連盟・連合が追加種目に応募したことを報告した。

 野球・ソフトボールを筆頭に過去にも追加種目の候補になったスカッシュ、ローラースポーツもあるが、中にはペタンク・ブールを筆頭に馴染みが薄いどころか、見たことも聞いたこともない競技まで名前を連ねている。

 例えばペタンクはフランス発祥の球技で、日本では主に老人ホームのレクリエーションや地域の老人会で大会が行われ、知る人の方が少ない。コーフボール、ネットボール、フロアボールは球技、水中スポーツは水の中で何かをやるくらいは名前を聞けば想像できる。オリエンテーリング、ブールスポーツ、エアスポーツときては、もはや何がなにやら、だ。チェスやブリッジ(トランプゲームの一種)に至っては、そもそもスポーツなのかすらも怪しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

もっと見る