売り文句の“コンパクト”早々放棄 2020年はまるで「関東五輪」

公開日: 更新日:

 杜撰な招致計画書は誰が作ったのか。

 国際オリンピック委員会(IOC=スイス)は現地8日に理事会を開き、20年東京五輪の会場計画で未承認だった10競技のうち8競技の会場変更を承認した。これで28競技のうち26競技の会場が決定。残るは自転車とサッカーだけとなった。

 今回の決定により、セーリングは東京都江東区から神奈川県藤沢市の江の島に変更。有明のビッグサイトで行うはずだったレスリングテコンドーフェンシングは幕張メッセ(千葉市)に会場が移った。バドミントンは江東区の新設会場から東京都調布市に、7人制ラグビーは新国立競技場から味の素スタジアム(調布市)に変わった。

 東京招致の最大の売り文句は「コンパクト五輪」だった。半径8キロ圏内にほぼすべての会場を集約させる会場配置はIOCの評価も高かった。自慢の看板を取り下げることで、当初の計画より約2100億円も経費を削減できるから、IOCのバッハ会長は評価したそうだが、ちょっと待った、だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    公明党ブチ切れた! 夏の参院選で「自民党とは選挙協力しない」のナゼ

    公明党ブチ切れた! 夏の参院選で「自民党とは選挙協力しない」のナゼ

  2. 2
    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

  3. 3
    まさに「老害」…“社長キラー”と呼ばれた旭化成の宮崎輝

    まさに「老害」…“社長キラー”と呼ばれた旭化成の宮崎輝

  4. 4
    東京都のコロナ濃厚接触者「1月末に33万人隔離」の衝撃試算! 社会活動ストップに現実味

    東京都のコロナ濃厚接触者「1月末に33万人隔離」の衝撃試算! 社会活動ストップに現実味

  5. 5
    沖縄アクターズスクール校長・マキノ正幸が語る半生 そして安室奈美恵との衝撃の出会い

    沖縄アクターズスクール校長・マキノ正幸が語る半生 そして安室奈美恵との衝撃の出会い

もっと見る

  1. 6
    日本各地にも深夜に津波が…トンガ大規模火山噴火がもたらす「2022年は冷夏」の不安

    日本各地にも深夜に津波が…トンガ大規模火山噴火がもたらす「2022年は冷夏」の不安

  2. 7
    若年層や女性が感染しやすい…「オミクロン株」の怖さと対策を専門家に聞いた

    若年層や女性が感染しやすい…「オミクロン株」の怖さと対策を専門家に聞いた

  3. 8
    長澤まさみ「鎌倉殿の13人」での“ささやきナレ”は聞き取りにくい…過去の大河では降板劇も

    長澤まさみ「鎌倉殿の13人」での“ささやきナレ”は聞き取りにくい…過去の大河では降板劇も

  4. 9
    松井市長が呼びかけた「大阪雨がっぱ」36万着…あれから2年弱でどうなった?

    松井市長が呼びかけた「大阪雨がっぱ」36万着…あれから2年弱でどうなった?

  5. 10
    元妻・神田沙也加さんの愛犬引き取り慈しむ村田充 ネット上に「みつさん、ありがとう」の声溢れる

    元妻・神田沙也加さんの愛犬引き取り慈しむ村田充 ネット上に「みつさん、ありがとう」の声溢れる