売り文句の“コンパクト”早々放棄 2020年はまるで「関東五輪」

公開日:  更新日:

 杜撰な招致計画書は誰が作ったのか。

 国際オリンピック委員会(IOC=スイス)は現地8日に理事会を開き、20年東京五輪の会場計画で未承認だった10競技のうち8競技の会場変更を承認した。これで28競技のうち26競技の会場が決定。残るは自転車とサッカーだけとなった。

 今回の決定により、セーリングは東京都江東区から神奈川県藤沢市の江の島に変更。有明のビッグサイトで行うはずだったレスリングとテコンドー、フェンシングは幕張メッセ(千葉市)に会場が移った。バドミントンは江東区の新設会場から東京都調布市に、7人制ラグビーは新国立競技場から味の素スタジアム(調布市)に変わった。

 東京招致の最大の売り文句は「コンパクト五輪」だった。半径8キロ圏内にほぼすべての会場を集約させる会場配置はIOCの評価も高かった。自慢の看板を取り下げることで、当初の計画より約2100億円も経費を削減できるから、IOCのバッハ会長は評価したそうだが、ちょっと待った、だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  10. 10

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

もっと見る