売り文句の“コンパクト”早々放棄 2020年はまるで「関東五輪」

公開日: 更新日:

 杜撰な招致計画書は誰が作ったのか。

 国際オリンピック委員会(IOC=スイス)は現地8日に理事会を開き、20年東京五輪の会場計画で未承認だった10競技のうち8競技の会場変更を承認した。これで28競技のうち26競技の会場が決定。残るは自転車とサッカーだけとなった。

 今回の決定により、セーリングは東京都江東区から神奈川県藤沢市の江の島に変更。有明のビッグサイトで行うはずだったレスリングとテコンドー、フェンシングは幕張メッセ(千葉市)に会場が移った。バドミントンは江東区の新設会場から東京都調布市に、7人制ラグビーは新国立競技場から味の素スタジアム(調布市)に変わった。

 東京招致の最大の売り文句は「コンパクト五輪」だった。半径8キロ圏内にほぼすべての会場を集約させる会場配置はIOCの評価も高かった。自慢の看板を取り下げることで、当初の計画より約2100億円も経費を削減できるから、IOCのバッハ会長は評価したそうだが、ちょっと待った、だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  2. 2

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  3. 3

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  4. 4

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  5. 5

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  6. 6

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  7. 7

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  10. 10

    “介護美談”もウソで離婚調停中 問われる小室哲哉の人間性

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る