またも同業種2社の“特例” 五輪組織委の終わりなきカネ集め

公開日:  更新日:

 えげつないカネ集めとの声もある。

 東京五輪組織委員会は昨15日、全日本空輸(ANA)、日本航空(JAL)の両社と国内スポンサーのオフィシャルパートナー契約を結んだと発表した。

 組織委のスポンサーは3つのランクに分かれ、航空会社オフィシャルパートナーは2番目にあたる。ランク最高位の「ゴールド」が150億円以上、2番目の「オフィシャル」は70億円以上といわれている。

 この日の会見では、ANAもJALも同業同士で協力する姿勢を打ち出したものの、そもそも五輪のスポンサーは「1業種1社」が原則だった。組織委では国際オリンピック委員会(IOC)の承認を得て特例で契約したというのだが、特例が認められたのは今回だけではない。

 実は「ゴールドパートナー」でも銀行、情報通信の同業2社が協賛企業として名を連ねている。1つのスポンサー枠に同業2社となれば、協賛金も折半かと思いきや、双方から満額を得ているというからあこぎだ。組織委関係者がこう説明する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る