元木大介
著者のコラム一覧
元木大介タレント・野球解説者

1971年12月30日、大阪府豊中市生まれ。上宮高時代に甲子園に3度出場し、歴代2位タイの通算6本塁打を放つ。89年のドラフト1位でダイエーに指名されるも、入団を拒否してハワイに野球留学。翌90年ドラフトで巨人から1位指名を受けて入団。長嶋監督が「クセ者」と呼んだ野球センスを武器に一時代を築いた。05年オフに引退。通算成績は1205試合に出場して打率・262、66本塁打、378打点。

どんどん野球が下手になっているんじゃないかと不安が募りました

公開日: 更新日:

 でも、速くても130キロ弱の草野球投手の球をいくら打っても、打撃力はアップしない。鋭い打球がほとんど飛んでこないショートを守っていてもそれは一緒で、レベルは上がらない。この環境でできることは何かと考え、ピッチャーをやらせてもらうこともありました。ピッチャーをやっていれば、少なくとも肩が衰えることはない。そう思ったのです。

 そんな生活を7カ月。毎日が不安でしたが、11月が近づくとそれがピークに達しました。

 今度のドラフトで本当に巨人に入れるのだろうか……。

 1990年11月24日のドラフト当日。前日に当時の正力オーナーが、「元木選手を1位指名する」と明言していたことを報道陣から教えてもらったものの、前年のことがあるから不安は晴れない。別の記者の方からは、「須藤監督の大洋も指名を考えているらしい」とも聞かされていたので、なおさらでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  2. 2

    大内裕和氏 民間背後の教育改革は格差拡大の失敗繰り返す

  3. 3

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  4. 4

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  5. 5

    羽賀研二vs梅宮アンナ“平成のバカップル”騒動が完全決着

  6. 6

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  7. 7

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  8. 8

    楽天⇔ロッテ名簿交換 プロテクト漏れが噂される意外な2人

  9. 9

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  10. 10

    51歳でも2時間“歌って踊れる” 元CHA-CHA木野正人さんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る