前哨戦8強も…錦織が改めて露呈した「芝コート」での課題

公開日:  更新日:

 勝つには勝った。

 男子テニスの錦織圭(25)が18日、ゲリー・ウェバー・オープン(独・ハレ)の2回戦で勝利。2年連続でベスト8進出を果たしたものの、改めて芝での「課題」を露呈した。

 この日の錦織の対戦相手は世界ランク114位で身長196センチのブラウン(30=ドイツ)。長身を生かした200キロ超えの高速サーブとネット際のボレーが武器である一方、ラリーがめっぽう弱い。典型的な攻撃特化型選手のため、ポイントは「サーブ&ボレー」への対応だった。

 錦織は球足が速く、バウンドが低い芝のコートが苦手。芝でより力を発揮するビッグサーバー対策が今後のカギだからだ。

 錦織は第1セット、相手の威力あるサービスについていけず苦戦。5-5で迎えた第11ゲームをブレークするまで、一進一退の攻防を繰り広げざるを得なかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る