日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

前哨戦8強も…錦織が改めて露呈した「芝コート」での課題

 勝つには勝った。

 男子テニスの錦織圭(25)が18日、ゲリー・ウェバー・オープン(独・ハレ)の2回戦で勝利。2年連続でベスト8進出を果たしたものの、改めて芝での「課題」を露呈した。

 この日の錦織の対戦相手は世界ランク114位で身長196センチのブラウン(30=ドイツ)。長身を生かした200キロ超えの高速サーブとネット際のボレーが武器である一方、ラリーがめっぽう弱い。典型的な攻撃特化型選手のため、ポイントは「サーブ&ボレー」への対応だった。

 錦織は球足が速く、バウンドが低い芝のコートが苦手。芝でより力を発揮するビッグサーバー対策が今後のカギだからだ。

 錦織は第1セット、相手の威力あるサービスについていけず苦戦。5-5で迎えた第11ゲームをブレークするまで、一進一退の攻防を繰り広げざるを得なかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事