高速サーブに屈し錦織全仏4強ならず 全米に続き“弱点”露呈

公開日:  更新日:

 3時間45分の激戦も最後は力負けだった。テニスの全仏オープン男子シングルス準々決勝、第5シードの錦織圭(25・世界ランク5位)は第14シードのJ・W・ツォンガ(30=フランス・同15位)にフルセットの末敗れた。

 ツォンガのサービスで始まったこの試合、錦織はいきなり208キロの高速サーブで先制パンチをくらう。その後もツォンガのサーブと正確なフォア、重い球質に苦しめられゲームの主導権を握られた。第2ゲームではネットにかけるミスを連発。ツォンガに最初のブレークを許す。

 過去の対戦成績は錦織の4勝1敗。優位に立つと見られていたが、「最初はほぼ風にやられた。自分の作戦が当てはまらなかった」という錦織は、その後も一方的な展開で第1セットを落とした。

「風がある中、『早く決めないと』と思って、攻め急いでしまった」という第2セットもサーブで崩され、ミスも止まらない。不甲斐ない自分への苛立ちでラケットを放り投げる、らしくない姿も見せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  3. 3

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  6. 6

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  7. 7

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  8. 8

    太郎ちゃんが「恥を知れ!」と叫んだ入管法改正は嘘ばかり

  9. 9

    黒木華に初熱愛報道 “個性派”シフトで松田龍平射止めるか

  10. 10

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

もっと見る