“尻に火”の巨人…試合前「高速マシン」練習も相手ナイン苦笑

公開日: 更新日:

 援護がなくてシビレを切らしたのか、防御率2.67と12球団唯一の2点台の投手陣も陰りが見え始めている。沢村は交流戦最終戦のロッテ戦で悪夢の逆転サヨナラ負けを喫したばかり。山口、マシソンも失点する場面が目立つ。昨季は救援防御率がそれまでの2年連続リーグトップから、4位の4.08と大幅に悪化。昨季同様の傾向が出始めている。

 最近10試合は1勝9敗。首位とはいえ、最下位・広島まで3.5ゲーム差の大混戦だ。打てない上に頼みの救援陣まで崩れたら、もう歯止めが利かない。借金地獄、Bクラスと紙一重のところに、今の巨人はいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  2. 2

    大内裕和氏 民間背後の教育改革は格差拡大の失敗繰り返す

  3. 3

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  4. 4

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  5. 5

    羽賀研二vs梅宮アンナ“平成のバカップル”騒動が完全決着

  6. 6

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  7. 7

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  8. 8

    51歳でも2時間“歌って踊れる” 元CHA-CHA木野正人さんは今

  9. 9

    楽天⇔ロッテ名簿交換 プロテクト漏れが噂される意外な2人

  10. 10

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る