日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ミランが攻撃陣を大量物色 本田圭佑は残留なら“飼い殺し”も

 ACミランで背番号「10」を背負う本田圭佑(29)の来シーズンに、早くも暗雲が立ちこめてきた。再建に血眼のチームが、48%の株式売却で手に入れた潤沢な資金を元手に、攻撃陣の補強に乗り出しているからだ。

 狙っていたFCポルトのFWジャクソン・マルティネス(28)がアトレティコ・マドリードと合意。パリ・サンジェルマンのFWズラタン・イブラヒモビッチ(33)やASモナコのMFジョフレイ・コンドグビア(22)ら大物の獲得にも失敗と報じられるミラン。

 だが、補強リストには同じくパリのエディンソン・カバーニ(28)、ゼニトのMFアクセル・ヴィツェル(26)、セビージャのFWカルロス・バッカ(28)、マンチェスターCのFWエディン・ゼコ(29)やステファン・ヨベティッチ(25)ら攻撃陣のビッグネームも挙がっているといわれる。このうち誰が移籍してきても、本田には強力なライバルになるのは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事