ミランが攻撃陣を大量物色 本田圭佑は残留なら“飼い殺し”も

公開日: 更新日:

 ACミランで背番号「10」を背負う本田圭佑(29)の来シーズンに、早くも暗雲が立ちこめてきた。再建に血眼のチームが、48%の株式売却で手に入れた潤沢な資金を元手に、攻撃陣の補強に乗り出しているからだ。

 狙っていたFCポルトのFWジャクソン・マルティネス(28)がアトレティコ・マドリードと合意。パリ・サンジェルマンのFWズラタン・イブラヒモビッチ(33)やASモナコのMFジョフレイ・コンドグビア(22)ら大物の獲得にも失敗と報じられるミラン。

 だが、補強リストには同じくパリのエディンソン・カバーニ(28)、ゼニトのMFアクセル・ヴィツェル(26)、セビージャのFWカルロス・バッカ(28)、マンチェスターCのFWエディン・ゼコ(29)やステファン・ヨベティッチ(25)ら攻撃陣のビッグネームも挙がっているといわれる。このうち誰が移籍してきても、本田には強力なライバルになるのは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  9. 9

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る