サッカー中継解説に違和感…松木の相棒ゴン中山が機能せず

公開日: 更新日:

 女子がワールドカップで決勝トーナメントに進出し、男子が2次予選スタートとサッカー中継が盛り上がった。試合結果は明暗がクッキリと分かれたが、では、中継の解説はどちらが勝ちか?

 女子は例えばスイス戦で、なでしこはすぐボールを奪われたり、決定的な場面でシュートを外したりしていたのに、フジテレビの解説は批判せず、どちらかというと褒めてばかり。加藤與恵と山郷のぞみの元選手2人は、選手にもテレビ局にも気を使いすぎだ。その上、知名度もしゃべり方も地味。OGを出すならもっと知名度で人選してほしい。

 逆に派手で、若干盛り上げすぎなのが男子。強化試合も2次予選初戦も担当したテレビ朝日の松木安太郎&ゴン中山のコンビだ。松木の解説はおもしろく、かつわかりやすいとネット上で評判だが、試合展開によってはスタイルが変わる。

 4対0の楽勝だったキリン杯のイラク戦では「ヨッシャー!」と喜びを連発、終始明るかった。走り回るよりボールを回したほうがいいという話の時には「ボールはどんなに走っても疲れないからね、はっはっは!」と定番のオヤジギャグも飛ばした(アナウンサーはスルー)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  2. 2

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  3. 3

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

  4. 4

    森喜朗の正論にIOCが無理難題 やめたやめた!五輪返上!

  5. 5

    格差広げる中高一貫校 子供の未来は12歳で決まってしまう

  6. 6

    FA美馬&鈴木獲りで“金満”原監督「人的補償は敵」の大放言

  7. 7

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  8. 8

    物事の本質触れず都合のいい数字だけ持ち出す「安倍語法」

  9. 9

    エロス全開でも恋愛封印…田中みな実が抜け出せない“過去”

  10. 10

    鈴木・美馬・福田を過大評価…凶作FAに大枚はたく球界の愚

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る