松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

ここはひとつ、サッカーのルールを変えちまえ!

公開日: 更新日:

 女子サッカーW杯。なんやかんや最少得失点差とはいえ日本は確実に決勝トーナメントに進んだ。それどころか連覇を目指すのだ。次元が違うよなあ。「1点も取れない男に比べりゃ」と全員で顔を見合わせて「なあ!」。これがサッカーファンの決まり文句。

「決定力不足を補うべく、次へ努力したい」

 代々の代表監督が同じことを繰り返してきたというのに、ハリルホジッチときた日にゃのっけに「運がなかった」と抜かしやがった。運もへったくれもあるかい、0点は0点だ。

 日本のような「打っても入らぬ」チームに必要なのは得点力のアップだと? ん~なことはW杯初出場以来ずっと言われて耳にタコができた。選手が代替わりしようと監督の首をすげ替えようと、点取れない病は治らぬともう分かった。

 どうせW杯誘致合戦じゃカネのやりとりがあったのだろ? 新参者だからと黙っている手はないぞ。ここはひとつルールを変えちまえ。打てども打てども点が取れぬ。この糞詰まり現象を解消する策。日本男子サッカーが世界と戦うには「優勢勝ち」! これしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  2. 2

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  3. 3

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  4. 4

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  5. 5

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  6. 6

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  7. 7

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  8. 8

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  9. 9

    川口春奈「麒麟」低迷の救世主だが…NHK落胆する多忙ぶり

  10. 10

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

もっと見る