DeNA獲得の長身左腕ビロウ 「高低の制球力日本で通じる」の評

公開日: 更新日:

「期待できそうです」

 メジャーに詳しいスポーツライターの友成那智氏がこう言った。DeNAが獲得を発表した新助っ人左腕のデュアン・ビロウ(29=メッツ3A)のことだ。

 DeNAのチーム防御率はリーグ5位の3.59。首位再浮上には投手強化が不可欠だった。チームには左腕の先発投手がおらず、球団は以前から調査を続けていた。

 ビロウはメジャー通算43試合で2勝4敗、防御率4.27と大した成績を残せず、13年には韓国KIAでプレー。今年はメッツとマイナー契約を結んでいた。

「今年のビロウはグッと制球力が上がっている」とは、前出の友成氏。

「昨季は3Aで16試合に登板、8勝7敗、防御率3.73と平凡な成績だったが、今季は11試合で4勝3敗、防御率2.19。先発した5試合、34回3分の2で四球はわずか5個。ストレートは145キロ前後とそれほどではないが、ストレート、カーブで打者の目線を上げて、カットボール、チェンジアップを低めに集める。ゾーンの高低を生かせるようになった。また被本塁打は2本と少なく、狭い横浜スタジアムでも心配なさそうです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  4. 4

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  5. 5

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  6. 6

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  7. 7

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  8. 8

    傲慢マッチ処分の裏側…“育ての親”メリー氏が苦渋の選択

  9. 9

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  10. 10

    タッキー副社長の評価急上昇 リストラに新事業に獅子奮迅

もっと見る