阪口、山根らに海外移籍の噂 「なでしこL」またも空洞化不安

公開日: 更新日:

 アメリカに敗れたとはいえ、サッカー女子日本代表のW杯2大会連続決勝進出で、連日彼女たちのプレーに目を光らせているのが欧米のプロチームだ。

 前回ドイツW杯で優勝した後、DF鮫島(28)、FW大野(31)らが次々に海を渡った。

「今回はMF阪口(27)、DF有吉(27)、鮫島、GK山根(24)らが目を付けられているらしい。鮫島は去年から米移籍のウワサがあったし、187センチと長身の山根は海外のどのチームも欲しい存在でしょう」とサッカージャーナリストが続ける。

「海外でプレーするようになれば、嫌でも心身ともタフになる。給料そのものは日本でも欧米でもそう変わらない。代表クラスで年に300万円程度ですけど、海外でプレーすればサッカー協会から手当が出ます。シーズン中の9月から翌年4月までの8カ月間、1日につき1万円出るので、年俸とは別に240万円くらいがフトコロに入る。鍛えられて実入りもいいわけで、今回のW杯後も移籍する選手が何人か出てきますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  2. 2

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  3. 3

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  4. 4

    辻元清美氏が菅政権をバッサリ「古い、出がらし政権だ」

  5. 5

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  6. 6

    橋本環奈の才は“奇跡の一枚”以前に是枝監督が見抜いていた

  7. 7

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  8. 8

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  9. 9

    コロナより多い自殺者数 弁護士も増加要因つくっている?

  10. 10

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

もっと見る