• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

阪口、山根らに海外移籍の噂 「なでしこL」またも空洞化不安

 アメリカに敗れたとはいえ、サッカー女子日本代表のW杯2大会連続決勝進出で、連日彼女たちのプレーに目を光らせているのが欧米のプロチームだ。

 前回ドイツW杯で優勝した後、DF鮫島(28)、FW大野(31)らが次々に海を渡った。

「今回はMF阪口(27)、DF有吉(27)、鮫島、GK山根(24)らが目を付けられているらしい。鮫島は去年から米移籍のウワサがあったし、187センチと長身の山根は海外のどのチームも欲しい存在でしょう」とサッカージャーナリストが続ける。

「海外でプレーするようになれば、嫌でも心身ともタフになる。給料そのものは日本でも欧米でもそう変わらない。代表クラスで年に300万円程度ですけど、海外でプレーすればサッカー協会から手当が出ます。シーズン中の9月から翌年4月までの8カ月間、1日につき1万円出るので、年俸とは別に240万円くらいがフトコロに入る。鍛えられて実入りもいいわけで、今回のW杯後も移籍する選手が何人か出てきますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  4. 4

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  5. 5

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  8. 8

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  9. 9

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  10. 10

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

もっと見る