初代監督が語る強さの“源流” なでしこ「ゴキブリ真っ黒」伝説

公開日:  更新日:

 日曜日くらいは朝寝坊して、ダラダラ過ごしたいところ。しかし、28日早朝に「なでしこジャパンの奮闘ぶりを見てやろう」と思った人は「早起きした甲斐があった!」と充実感タップリの一日を過ごしたことだろう。

 女子W杯カナダ大会準々決勝(28日午前5時キックオフ)の対オーストラリア戦。序盤から緊張感あふれる展開が続いたが、後半27分に交代出場したFW岩渕真奈が残り3分、相手ゴール前の混戦から倒れ込みながらの右足ボレーで決勝ゴール。なでしこは、7月2日の準決勝でイングランドと決勝進出をかけて戦う(2日午前8時キックオフ)。

 オーストラリア戦は現地時間の午後2時に始まり、容赦なく降り注ぐ強烈な日差しで消耗戦の様相を呈した。しかも、なでしこは「中3日」の試合でオーストラリアは「中5日」と休養十分。ハンディは大きかったが、なでしこは疲弊した体にムチ打ち、ピッチの上を縦横無尽に走り回った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

もっと見る