屈辱の5失点…なでしこは攻守で米国に“丸裸”にされていた

公開日:  更新日:

 世界女王なでしこジャパンが、ボロボロにされてしまった。

 カナダW杯決勝(日本時間6日午前8時開始)で世界ランク2位で優勝候補・米国と対戦。同ランク4位のなでしこは、キックオフ直後から米国の攻勢にさらされ、前半16分までに4失点。終わってみれば2―5の大惨敗である。

 前回11年ドイツ大会決勝でPK戦の末、なでしこに敗れて雪辱に燃える米国は、キックオフ直後から圧倒的なプレスをかけながら攻め込み、3分に右CKをゲットした。

 平均身長163.5センチのなでしこは当然、同169.2センチの米国の「高さ」を警戒。そこを米国は巧妙に突いてきた。

「CKは想定外のグラウンダーのボール。なでしこの選手は、走り込んできたMFロイドのダイレクトシュートに対応できなかった。2分後、右サイドからのFKもグラウンダーのボールがゴール前に入り、ニアの米国選手がヒールキックで後方に流し、最後はロイドが蹴り込んだ。なでしこをじっくり研究した上でのサインプレーでした。米国は、守備面でも用意周到だった。なでしこが前線に入れてくる縦パスを読み切っていました。MF阪口のFW大儀見への縦パスがミスとなり、米国は奪ったボールを右サイドに展開して3点目につなげた。米国の4点目にしても、FW大野へのリターンパスを奪ったロイドが、ピッチ中央から超ロングシュートを決めてみせた。なでしこは、米国に丸裸にされていました」(サッカージャーナリスト・六川亨氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  6. 6

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る