屈辱の5失点…なでしこは攻守で米国に“丸裸”にされていた

公開日:  更新日:

 世界女王なでしこジャパンが、ボロボロにされてしまった。

 カナダW杯決勝(日本時間6日午前8時開始)で世界ランク2位で優勝候補・米国と対戦。同ランク4位のなでしこは、キックオフ直後から米国の攻勢にさらされ、前半16分までに4失点。終わってみれば2―5の大惨敗である。

 前回11年ドイツ大会決勝でPK戦の末、なでしこに敗れて雪辱に燃える米国は、キックオフ直後から圧倒的なプレスをかけながら攻め込み、3分に右CKをゲットした。

 平均身長163.5センチのなでしこは当然、同169.2センチの米国の「高さ」を警戒。そこを米国は巧妙に突いてきた。

「CKは想定外のグラウンダーのボール。なでしこの選手は、走り込んできたMFロイドのダイレクトシュートに対応できなかった。2分後、右サイドからのFKもグラウンダーのボールがゴール前に入り、ニアの米国選手がヒールキックで後方に流し、最後はロイドが蹴り込んだ。なでしこをじっくり研究した上でのサインプレーでした。米国は、守備面でも用意周到だった。なでしこが前線に入れてくる縦パスを読み切っていました。MF阪口のFW大儀見への縦パスがミスとなり、米国は奪ったボールを右サイドに展開して3点目につなげた。米国の4点目にしても、FW大野へのリターンパスを奪ったロイドが、ピッチ中央から超ロングシュートを決めてみせた。なでしこは、米国に丸裸にされていました」(サッカージャーナリスト・六川亨氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る