W杯で株急騰 “年俸0円”なでしこ有吉は一気に海外移籍も

公開日: 更新日:

 大会前は、前回大会優勝メンバーDF近賀ゆかり(31)と右SBの定位置を争っていた“アマチュア選手”が、一足飛びに「欧州組」に出世しそうである。MF宮間とともに今大会のMVP候補にノミネートされたDF有吉佐織(27)だ。

 今大会が初のW杯出場だが、1次リーグ3試合目でスタメン確保。決勝トーナメント1回戦のオランダ戦でゴールを決めるとプレーから自信がみなぎり、持ち前の攻守の切り替えの早さ、衰えないスタミナ、タフな脚力で90分間、走り回って右サイドを活性化させた。守っても、献身的な守備で相手FWの攻撃を見事に封じている有吉が、欧州で「日本代表SBのインテル長友、シャルケ内田」と並び称される存在として評価が急上昇しているのだ。

■辛口の海外紙が最高点

 実は、日本サッカーは「SB輸出国」として知られている。内田、長友以外に酒井高、酒井宏の日本代表SBがドイツでプレー。上背はなくともスピード、アジリティー(俊敏性)に優れ、戦術理解度も高く、何よりも攻守に献身的なプレーをいとわない――ところが日本人選手のストロングポイントとして認知されており、その延長線上として「なでしこジャパンの右SB有吉」の評価が高まっている。準決勝のイングランド戦後、サッカーの辛口評論で知られる「デイリー・メール紙」が、10点満点中チーム最高点の「8点」を付けた。これも有吉の評価の高さを物語っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  4. 4

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  5. 5

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  6. 6

    NHK岩田明子氏に解散明言?永田町を駆けめぐる“メモ”の噂

  7. 7

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  8. 8

    政治家への金は10億円 倉田まり子さんには申し訳なかった

  9. 9

    国税が税制大綱改正 ソフトバンクビジネスモデルに包囲網

  10. 10

    ビクトリア女王にとって日本は極東の小国に過ぎなかった

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る