バンデン3死球から勃発…ソフトBと楽天の不毛な死球合戦

公開日:  更新日:

 意味のない報復はやめるべきだ。

 9日のソフトバンク対楽天戦で「死球合戦」が勃発した。

 ソフトバンクの先発・バンデンハークが五回までに中川、ペーニャに計3死球を与えると、やられた楽天は五回裏2死(無走者)から「3死球の代わり」とばかりに、先発・菊池が4番・内川の左ひざ付近に当てた。

「やられたらやり返す」というメジャーの掟は、実は日本のプロ野球にも昔から存在する。「こっちはクリーンアップが2回も当てられとるんだ。頭はまずいから足を狙え!」とコーチに命じられ、渋々ぶつける者もいるそうだが、そもそも昨今の投手は総じてコントロールが悪い。この日のバンデンハークもそうだ。リーグ最貧打の楽天にわざわざぶつける必要など全くないのだ。

 制球難の投手なら時には内角を狙って胸や腕にぶつけることもあるだろう。そのたびに報復でぶつけられる打者はたまったものじゃない。大ケガしたら選手生命にも影響するし、見ているファンだって気分が悪い。

 ちなみに、打席に立っていれば、制球ミスか故意死球かは投手の目を見ればわかるそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

もっと見る