巨人戦でプロ初サヨナラ弾 楽天・中川は“元クビ切り要員”

公開日:  更新日:

「バッティングカウントだったので。真っすぐ一本に絞って思い切り振りました」

 31日の巨人戦。プロ7年目で初のサヨナラ弾を放ったヒーローは興奮気味にこう語った。

 3-3の同点で迎えた延長十回だった。先頭打者で打席に入り、マシソンの152キロの直球をフルスイング。打球が地元ファンで埋まる左翼席に突き刺さると、一塁ベースを回ったところで右拳を高々と挙げた。

 愛知・桜丘高から08年のドラフト2位で入団。当初は、当時の野村克也監督から「ボールを飛ばす力がある。ウチの大砲になれる」と太鼓判を押されていた。が、186センチ、92キロという恵まれた体格を生かせず、1年目は二軍暮らし。パワーがあってもバットにボールが当たらないため、一軍での出場機会は与えられなかった。

 当時の二軍内野守備コーチだった福原峰夫氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る