楽天首脳陣は誰も信じない 三木谷オーナーの「負けてもいい」

公開日:  更新日:

 楽天の急降下が止まらない。交流戦はセ・リーグの「弱さ」に助けられ、10勝8敗と勝ち越したものの、リーグ戦再開後はロッテに3連勝した直後から黒星ばかり。3日の日本ハム戦も4-5で敗れ7連敗を喫し、借金は「5」まで増えた。

 他の球団ならそろそろコーチの配置転換などテコ入れ話が出てくる頃だが、楽天にそんな動きはない。

 チームを指揮する大久保監督は就任1年目。加えて、捕手の嶋を筆頭に、銀次、藤田ら主力が相次いで故障中という事情を考えれば「仕方がない」という声もあるが、球界関係者は「別の理由がある」という。

「今年のチームは基本的に三木谷オーナーがシーズン前に考えたプランを大久保監督が忠実に実践しているだけ。走者が出たら、ほぼ全員が盗塁する“超機動力野球”も、オーナーが強力にプッシュしている作戦といわれている。オーナーがベンチを縛っているわけですから、首脳陣に強く当たるわけにはいかない。でも、現在借金17でリーグ最下位に低迷するオリックスに抜かれることがあれば、さすがにオーナーも黙ってはいない。そもそもが短気な性格ですから、大久保監督の休養もあるかもしれない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る