楽天首脳陣は誰も信じない 三木谷オーナーの「負けてもいい」

公開日: 更新日:

 楽天の急降下が止まらない。交流戦はセ・リーグの「弱さ」に助けられ、10勝8敗と勝ち越したものの、リーグ戦再開後はロッテに3連勝した直後から黒星ばかり。3日の日本ハム戦も4-5で敗れ7連敗を喫し、借金は「5」まで増えた。

 他の球団ならそろそろコーチの配置転換などテコ入れ話が出てくる頃だが、楽天にそんな動きはない。

 チームを指揮する大久保監督は就任1年目。加えて、捕手の嶋を筆頭に、銀次、藤田ら主力が相次いで故障中という事情を考えれば「仕方がない」という声もあるが、球界関係者は「別の理由がある」という。

「今年のチームは基本的に三木谷オーナーがシーズン前に考えたプランを大久保監督が忠実に実践しているだけ。走者が出たら、ほぼ全員が盗塁する“超機動力野球”も、オーナーが強力にプッシュしている作戦といわれている。オーナーがベンチを縛っているわけですから、首脳陣に強く当たるわけにはいかない。でも、現在借金17でリーグ最下位に低迷するオリックスに抜かれることがあれば、さすがにオーナーも黙ってはいない。そもそもが短気な性格ですから、大久保監督の休養もあるかもしれない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相が墓穴 桜を見る会夕食会弁明で法律違反を正当化

  3. 3

    出所の高山若頭が人事で動き回り「山口組3派」は荒れ模様

  4. 4

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  7. 7

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    根強く残る人種差別 W杯優勝の南アフリカ代表“美談”の裏側

  10. 10

    ラグビー日本代表 2023年W杯への若手育成阻む「2つの壁」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る