日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は札幌第一や北大津など全国の各校で臨時コーチを務める。

抜群の安定感 浦和学院 4時開始の超朝練

 高校野球の夏の地方大会が始まっている。

 今年の関東は全体的にレベルが高く、甲子園常連校が頭一つ抜けている県が多い。高崎健康福祉大高崎(群馬)、作新学院(栃木)、浦和学院(埼玉)、日大三(西東京)、東海大相模(神奈川)、東海大甲府(山梨)である。

 早実(西東京)は注目を集める1年生・清宮らの打線が投手力をカバーできるかが、打倒・日大三のカギを握る。浦和学院と東海大相模の2校は、全国制覇を狙える実力がある。

 抜群の安定感を誇るのは浦和学院。センバツ4強。昨秋、今春の関東大会を連続で制した。江口、小倉の両左腕を中心に守備が堅く、打線もいい。何よりチームが粘り強い。時代と逆行し、昔のようなスパルタ方式の厳しい練習を積んでいる。精神的にもよく鍛えられていると感じる。

 以前から取り入れている、朝練ならぬ、「超朝練」の開始時間は何と4時。みっちり3時間ほど行っている。大相撲の朝稽古からヒントを得たようだが、練習は朝にやるのが一番効果的だという。ただ、朝も夜もやっていたら、今どきの選手はみんな逃げ出してしまう。強豪校でも週休1日が当たり前の時代。浦和学院の場合、覚悟を決めて入学する選手が多いのだろう。やはり、練習をしているチームは強いのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事