日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は札幌第一や北大津など全国の各校で臨時コーチを務める。

東海大相模V率80% ノーシード横浜は20%の軌跡狙う

 春の関東大会4強で連覇を目指す東海大相模が大本命だ。ドラフト上位候補の小笠原、吉田の左右2枚看板は強力。昨夏の神奈川大会決勝で大会タイ記録の20三振を奪った吉田より、左腕の小笠原を中心に頂点を狙ってくるだろう。打線も長倉、豊田らの中軸は破壊力があり、脇役にもいい選手が揃う。投打に死角は見当たらず、甲子園切符を手にする確率は「80%」とみている。

 順当にいけば、準々決勝でともに好投手を擁するシード校の平塚学園と横浜創学館の勝者と当たる。平塚学園の2年生エース高田は、抜群だった昨秋より今春は調子を落としていたのが気になるが、八木監督はノックでハーフバウンドを打つのが実にうまい。守備が堅いから接戦に強いのだ。昨秋の県大会準決勝で東海大相模を撃破。再び番狂わせが起きるようなら、一気に大混戦になる。

 対抗は逆のブロックの第1シード・桐光学園。法政二、桐蔭学園、慶応などの実力校がひしめく最も厳しいブロックだが、総合力で東海大相模に次ぐ存在だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事