日米韓の初Vがメジャー 全米覇者チョン・インジ“驚異の才能”

公開日: 更新日:

 やっぱり韓国人選手が強かった。大山と一緒に最終組の1組前でプレーした現役女子大生チョン・インジ(20)が、2005年のバーディ・キム(韓)以来4人目となる大会初出場初優勝の快挙を成し遂げた。

 最終組で初Vを狙うエイミー・ヤン(25)とS・ルイス(30)がもたつく間に、15番までに3つスコアを伸ばしたチョンが単独トップに立った。最終ホールでボギーとして、通算8アンダーで先にホールアウト。16番イーグル、17番バーディーでヤンも通算8アンダーで追いついたが、最終18番でボギーを叩いてチョンにメジャー初勝利が舞い込んだ。

「何もかもが初めての経験だったので、すべての時間を楽しもうと思った」(チョン)

 5月のサロンパスカップでは、日本ツアー初参戦で初優勝を飾り、優勝争いを演じた上田桃子を「すごい選手が出てきた」と、驚かせた。そのわずか2カ月後、今度は初挑戦で世界最高峰の舞台を制したのだから、末恐ろしい存在だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  5. 5

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  6. 6

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  7. 7

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  8. 8

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  9. 9

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  10. 10

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

もっと見る