日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日米韓の初Vがメジャー 全米覇者チョン・インジ“驚異の才能”

 やっぱり韓国人選手が強かった。大山と一緒に最終組の1組前でプレーした現役女子大生チョン・インジ(20)が、2005年のバーディ・キム(韓)以来4人目となる大会初出場初優勝の快挙を成し遂げた。

 最終組で初Vを狙うエイミー・ヤン(25)とS・ルイス(30)がもたつく間に、15番までに3つスコアを伸ばしたチョンが単独トップに立った。最終ホールでボギーとして、通算8アンダーで先にホールアウト。16番イーグル、17番バーディーでヤンも通算8アンダーで追いついたが、最終18番でボギーを叩いてチョンにメジャー初勝利が舞い込んだ。

「何もかもが初めての経験だったので、すべての時間を楽しもうと思った」(チョン)

 5月のサロンパスカップでは、日本ツアー初参戦で初優勝を飾り、優勝争いを演じた上田桃子を「すごい選手が出てきた」と、驚かせた。そのわずか2カ月後、今度は初挑戦で世界最高峰の舞台を制したのだから、末恐ろしい存在だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事