全米女子OP 日本勢“お手上げ”の一因は不慣れな「パー70設定」

公開日:  更新日:

【全米女子OP(ペンシルベニア州ランカスター=6353ヤード・パー70)】

 初日は天候不順でサスペンデッドになり、ホールアウトした中でトップは4アンダーでカリー・ウェブ(豪)とマリナ・アレックス(米)の2人が並んだ。

 日本勢は史上最多タイの12選手が出場し、アンダーパーは一人もおらず大山志保と鈴木愛のイーブンパーが最高だった。

 主催する全米ゴルフ協会(USGA)のタフなコース設定に日本勢はスコアメークに手を焼いたわけだ。会場は1920年に開場した米東部の名門林間コースであり、フェアウエーやグリーンを外すと粘りのある深いラフが待ち受ける。総距離は6353ヤード、日本ツアーにはないパー70設定で行われている。

 さらにアップダウンが激しく、18ホール中14ホールのランディングエリアが上り坂になってランで距離を稼ぐことが出来ない。400ヤード超のパー4は5ホールもあって、ドライバーが飛ばない選手は2打目に長い番手を手にすることになり、苦戦を強いられた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る