日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

全米女子5位タイの大山志保 「全英女子に悔しさぶつける」

「今日は悔しい気持ちでいっぱいです」

 サンデーバック9に入って一時単独2位に立ちながら、11番ボギー、12番ダブルボギーの2ホールがブレーキとなって優勝圏外に落ちた大山志保(38)だ。

 3アンダー4位発進の最終日は前半からピンを果敢に攻めた。

 1番パー4は、フェアウエーからの2打目が同組チョン・インジ(20)のボールに当たりピンそば50センチに寄った。このバーディーパットを難なく沈めると、2番もピン1.5メートルにつけて連続バーディーと好スタートを切った。

 しかし4番はティーショットを左に曲げて深いラフにつかまると、2打目はフェアウエーに出すだけ。ピン手前2メートルに寄せるも上りのパーパットを外してボギー。

 それでも6番5メートル、7番1.5メートルの連続バーディーを決めて6アンダー。この時点でトップを走るエイミー・ヤンに2打差まで迫った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事