阪神が県岐阜商・高橋に食指 藤浪以来の高校生ドラ1指名か

公開日:  更新日:

「阪神が高校ナンバーワン投手といわれる高橋純平(県岐阜商)を密着マークしている。担当の熊野スカウトはそれこそ、練習から一挙手一投足をチェック。高橋は実力もさることながら、ルックスもいい。親会社、球団が嘱望する生え抜きスターになり得る選手であり、女性ファンの拡大ももくろんでいるようだ」

 アマ球界関係者がこう言った。

 高橋は今秋ドラフトで複数球団による1位指名が確実視されるMAX152キロ右腕。阪神は5日に行われる夏の予選の初戦(本巣松陽戦)に複数のスカウトを派遣するとみられている。

 ただ、阪神はこれまでも生え抜きスターになりえる高校生に興味を示しながら、最終的には無難な即戦力に“逃げる”傾向がある。05~07年に行われた高校生ドラフトを除けば、過去13年間で高校生を1位で獲得したのは、12年ドラフトの藤浪晋太郎(大阪桐蔭)ひとりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る