今季は“持ってる”DeNA 豪雨がG村田のエラー誘い劇的勝利

公開日:  更新日:

「勝った! すごいね! 勝ちましたよ!」

 DeNAの中畑監督も大ハシャギだった。15日、巨人相手にサヨナラ勝ちで3タテを食らわせ、98年以来となる前半戦首位ターンを決めたのだからムリもない。

 九回裏の攻撃中、突然の豪雨が襲った。徐々にマウンドはぬかるみ、人工芝のグラウンドに水が浮き始めた。これが奏功したのか。2死満塁でロペスの放った三ゴロは水をはじいて勢いを増した。巨人の村田はバウンドにタイミングを合わせられず、まさかの後逸で試合が決した。

 試合終了直後には土砂降りから一転し、急激に雨足が弱まった。自然を味方につけたような劇的勝利。前半戦は序盤で首位に立ちながら、交流戦で14敗。一時はBクラス転落を味わったが、前半戦は終わってみれば首位に返り咲いた。今年のDeNAには何かがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る