日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今季は“持ってる”DeNA 豪雨がG村田のエラー誘い劇的勝利

「勝った! すごいね! 勝ちましたよ!」

 DeNAの中畑監督も大ハシャギだった。15日、巨人相手にサヨナラ勝ちで3タテを食らわせ、98年以来となる前半戦首位ターンを決めたのだからムリもない。

 九回裏の攻撃中、突然の豪雨が襲った。徐々にマウンドはぬかるみ、人工芝のグラウンドに水が浮き始めた。これが奏功したのか。2死満塁でロペスの放った三ゴロは水をはじいて勢いを増した。巨人の村田はバウンドにタイミングを合わせられず、まさかの後逸で試合が決した。

 試合終了直後には土砂降りから一転し、急激に雨足が弱まった。自然を味方につけたような劇的勝利。前半戦は序盤で首位に立ちながら、交流戦で14敗。一時はBクラス転落を味わったが、前半戦は終わってみれば首位に返り咲いた。今年のDeNAには何かがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事