衰え顕著で全英も予選落ち…T・ウッズは引退へ一直線

公開日: 更新日:

【全英オープン】英国・セントアンドルーズ・オールドC・7297ヤード・パー72

 4オーバー・139位発進のT・ウッズ(39)は、11番を終えたところで日没サスペンデッド。結局スコアを3つ落として7オーバー147位タイ。全米オープンに続き、メジャー2大会連続予選落ちだ。

 会場のセントアンドルーズは、ウッズにとっては過去5回出場で2度優勝と相性のいいコース。大会前、「目標は全英オープン。すべての過程はそこでプレーするためのものだった」(ウッズ)と威勢がよかったが、直前の記者会見ではメディアから「引退」に関する容赦ない質問が浴びせられ、本人がこれを否定するなど、ひと悶着あった。

 ここ数年はケガやスイング改造に苦しみ、2008年全米オープンを最後にメジャータイトルから遠ざかり、メジャー通算勝利数は14勝どまり。ジャック・ニクラスが持つ史上最多18勝の記録更新についても、「全然諦めていない。僕はまだ若い。40歳にもなっていない」(ウッズ)と強がってみせた。

 しかし衰えは歴然としており、最強時代の面影がまったくない。この先メジャー勝利どころか、2012年以来となる米ツアー優勝もできるかどうか。このままズルズルと引退に追い込まれる可能性の方が高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  5. 5

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    専門家が指摘「再び東京湾台風が上陸する」地震のリスクも

  8. 8

    囁かれる山Pの二の舞…脱退&退所の錦戸亮に明日はあるか

  9. 9

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  10. 10

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る