• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

衰え顕著で全英も予選落ち…T・ウッズは引退へ一直線

【全英オープン】英国・セントアンドルーズ・オールドC・7297ヤード・パー72

 4オーバー・139位発進のT・ウッズ(39)は、11番を終えたところで日没サスペンデッド。結局スコアを3つ落として7オーバー147位タイ。全米オープンに続き、メジャー2大会連続予選落ちだ。

 会場のセントアンドルーズは、ウッズにとっては過去5回出場で2度優勝と相性のいいコース。大会前、「目標は全英オープン。すべての過程はそこでプレーするためのものだった」(ウッズ)と威勢がよかったが、直前の記者会見ではメディアから「引退」に関する容赦ない質問が浴びせられ、本人がこれを否定するなど、ひと悶着あった。

 ここ数年はケガやスイング改造に苦しみ、2008年全米オープンを最後にメジャータイトルから遠ざかり、メジャー通算勝利数は14勝どまり。ジャック・ニクラスが持つ史上最多18勝の記録更新についても、「全然諦めていない。僕はまだ若い。40歳にもなっていない」(ウッズ)と強がってみせた。

 しかし衰えは歴然としており、最強時代の面影がまったくない。この先メジャー勝利どころか、2012年以来となる米ツアー優勝もできるかどうか。このままズルズルと引退に追い込まれる可能性の方が高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  4. 4

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  5. 5

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  8. 8

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  9. 9

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  10. 10

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

もっと見る