• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ツアー離脱のウッズ スポンサーイベントで“どさ回り”の日々

 26日、新宿駅東口のイベントスペースにタイガー・ウッズ(39)が出現。報道陣と道行く人々で辺りは一時ごった返した。

 これはスポンサー契約を結ぶナイキのイベントに参加するためであり、「また来日できてうれしい」と挨拶。その後、「練習は要らない」とアプローチのミニゲームでウエッジを1発。そしてドライバーをマン振り。クラブを2回振っただけで、イベント後の写真撮影は中止。20分足らずで会場からいなくなった。

「かつて世界最強といわれたウッズも、ケガのためスランプ続きです。先のマスターズで17位となり復活かと注目されましたが、またツアーから離れています。今では世界ランクも106位にまで後退。それでも年間契約金2000万ドル(24億円)といわれるナイキからの依頼なら世界中を回る“ドサマワリ”も断れないでしょう。試合に出るよりも実入りがいいはずです」(ツアー記者)

 年100億円を稼ぐといわれたトップスターが、いまごろ日本に来ているようじゃ、復活の道はまだ遠いようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る