冴えたベテラン技…Z・ジョンソンがPO制し全英制覇

公開日: 更新日:

 Z・ジョンソン(米)は本戦18番で7メートルのバーディーパットを沈めて通算15アンダーでホールアウト。16番ボギーのM・リーシュマン(豪)と、18番バーディーのL・ウェストヘーゼン(南ア)が同スコアで首位に並んだ。

 プレーオフは4ホール(1番、2番、17番、18番)のストロークプレーで行われた。1番はウェストヘーゼンとジョンソンがともにバーディー。リーシュマンは1メートルのパーパットを外して大きく後退。2番でもバーディーのジョンソンは、4ホール目(18番)の第2打をピン奥3・5メートルにつけるもバーディーチャンスを逃す。ウェストヘーゼンが2メートルのバーディーパットを決めれば、2人は18番でのサドンデスに突入するところだったが、このパットがカップの左を抜けた。その瞬間ジョンソンは07年マスターズ以来となるメジャー2勝目を手にした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  2. 2

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  3. 3

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  4. 4

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  5. 5

    千葉被災者から怒りと悲鳴…支援金わずか13億円という冷酷

  6. 6

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

  7. 7

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  8. 8

    G原監督 オーナー絶賛も“独裁”拍車で「短命政権」の可能性

  9. 9

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  10. 10

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る