“聖地”荒れず…好スコア続出をアマゴルファー喜べない理由

公開日:  更新日:

 全英オープン初日は、米ツアー屈指の飛ばし屋、D・ジョンソンが1イーグル、5バーディーと飛距離を武器にスコアを大きく伸ばした。

 また、アンダーパーは63選手と好スコアが続出した。

 会場は7297ヤード・パー72設定と、先の全米オープン(7769ヤード・パー70)に比べて距離が短い。

 スコットランド名物の一日に四季があるといわれる荒天でなければ、ドライバーで300ヤード近く飛ばす世界のトッププロにとってパー5は2打目でグリーンに乗ってくるし、パー4の2打目はアプローチ合戦の様相。プロには聖地でのスコアメークが難しくなかったわけだ。ゴルフライターの吉川英三郎氏がこう解説する。

「今年は7月4日に大雨が降ってコースが水浸し。大会直前も連日の雨で、この時季のリンクスにしては珍しく芝が青々としてグリーンもフェアウエーもウエット。バックスピンがよく利いてボールが落下地点から手前に戻っていた。いつものコンクリートのように硬くて、ボールがどちらに転がるのかわからない難コースとは違い、ピンをデッドに狙っていけた。午前組は冷たい風も吹かなかったので、パッティング勝負の簡単なコースだったようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る