アジアでも勝てない日本男子 「反省すべき」とゴルフ評論家

公開日: 更新日:

【タイランドオープン】サイアムCCプランテーションC=7295ヤード・パー72

 日本ツアーとワンアジアとの共催で行われた今大会には日本人選手39人が出場した。内訳は決勝進出が20選手、予選落ち15選手。予選2日間に棄権2選手、失格2選手。

 日本人最高位は通算13アンダー4位の宮里優作(34)。勝った金庚泰(キム・キョンテ)とは8打差だった。評論家の菅野徳雄氏が、「もうアジアでも日本選手は勝てなくなってしまった」とこう嘆く。

「半世紀前には極東サーキットがあり、国内に試合がなかったので主力選手がほとんど出かけて、強くなっていった。フェアウエーはひび割れて硬く、グリーンも止まらない。だから低い球で止めたりと極東サーキットでいろんな技を覚えて帰ってきた。しかし、今の日本人選手はみんな高弾道ボールでグリーンを攻めるばかりで技がない。アジアでなぜ勝てないのか、反省してもらいたい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    チェンがロッテを自由契約に 巨虎楽“金満”3球団で争奪戦

  3. 3

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  4. 4

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  5. 5

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

  6. 6

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  9. 9

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  10. 10

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

もっと見る