日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は札幌第一や北大津など全国の各校で臨時コーチを務める。

突出する清宮君が心配だ

 西東京大会が早実の1年生スラッガー「清宮フィーバー」に沸いている。24日に神宮球場で行われた準決勝の日大三戦は、1万3000人の観衆が詰め掛け、報道陣は約150人という異常な熱気である。

 横浜が甲子園春夏連覇を達成した98年の「松坂フィーバー」を思い出す。

 当時、部長だった私は殺到するファンや報道陣への対応に追われた。夏の甲子園中からフィーバーが始まり、松坂が移動するたびに「写真撮ってくださ~い!」「サインくださ~い!」と殺気立ったファンにもみくちゃにされるため、私が傍らに付き添いガードした。取材申し込みはざっと30社以上。試合後の囲み取材以外は全て断った。大会期間中、唯一、テレビ朝日系の「熱闘甲子園」の取材だけは受けた。当時のキャスターは巨人の長嶋茂雄氏の娘・長島三奈さん。人柄が良かったことと、私がミスターファンだったこともあり、宿舎の松坂の部屋での取材を特別に許可した。他局にブーイングされたが、野球の指導に集中できないほど、周囲に忙殺されたのを覚えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事