日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「幸太郎は速い球に強い」 父・清宮克幸氏が次戦での一発断言

 フィーバーは過熱する一方だ。早実(西東京)が昨22日、八王子学園八王子に11―5で大勝。4年ぶりの準決勝進出を決めた。早実の怪物1年生・清宮幸太郎は「3番・一塁」で出場。2死球を受け、3打数1安打だった。今大会4試合で13打数8安打。6割1分5厘と高打率をキープし、第4打席で右翼方向へ大ファウルを放ったものの、夏初本塁打はまたもお預けとなった。

 1年生ながらすでに注目度は怪物クラス。この日から舞台は神宮球場へ移り、ネット裏はほぼ満席となった。

 観客は1万3000人で集まった報道陣は5回戦の2倍近い34社121人。フジテレビの宮沢アナら、女子アナもこぞって集結するフィーバーぶりはプロ以上で、そのほとんどが怪物ルーキーの「一発」を見に来ているのである。

 父でもある、ラグビー・ヤマハ発動機の清宮克幸監督(48)は、幸太郎と同じ東京北砂リトルで日本一を決めたばかりの次男・福太郎(小6)と球場入り。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事